すみれハウジングTOP > (有)すみれハウジング 中山寺店のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしの引越しにかかる初期費用を種類ごとに詳しく解説!

一人暮らしの引越しにかかる初期費用を種類ごとに詳しく解説!

≪ 前へ|引越し時に忘れる前に早めにする手続きと後でOKな手続きとは?   記事一覧   大学生の一人暮らしは防犯対策が大事!|次へ ≫
カテゴリ:お部屋探しコラム
一人暮らしを始めようと思うと、引っ越しにどれくらいの費用がかかるのか気になります。
 
賃貸にかかる初期費用の種類や、その他引っ越し代以外にも必要な家電の費用など、トータルでどれくらいになるのか詳しく見てみましょう!

一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用にはどんな種類がある?


一人暮らしで賃貸物件を探すと、思ったよりも初期費用が高額になって驚くことがあります。
 
賃貸の初期費用の種類をみてみましょう。
 
まず必ず用意しなければならないお金は、敷金・礼金です。
 
敷金は0円の賃貸物件も増えつつありますが、設定がある場合は、家賃半月分~家賃1か月分が目安。
 
部屋を退去するときに、原状回復にかかる費用に充てられて、残った金額が戻ってきます。
 
礼金も家賃1カ月分~1.5カ月分が目安です。
 
部屋を貸してくれる大家さんに、お礼としてお支払いするものです。
 
敷金と異なり、退去するときに戻ってくることはありません。
 
近年礼金なしという物件も増えてきています。
 
ほかには前家賃として家賃の1ヶ月分、不動産会社に支払う仲介手数料が家賃の1か月分、保証会社加入必須物件も多いので、保証会社加入初回費用が家賃の50パーセント程、火災保険料に1.5万円〜2万円程度というあたりが初期費用の目安です。
 
一人暮らし向け賃貸物件で、家賃5万円の賃貸物件だとすると、初期費用のトータルとしては20〜25万程度必要となります。
 
礼金のない物件だともう少し安くなりますので、賃貸の初期費用を抑えたい方は礼金不要の物件をチェックするようにしましょう。
 

一人暮らしの引っ越し費用と生活にかかる初期費用は?


賃貸にかかる初期費用の他にはどんな費用があるのでしょうか。
 
まず必要なのは引っ越し代です。
 
引っ越しにかかる費用は、同じ県内なのか、それとも県外への移動なのかで大きく異なります。
 
また引っ越しするのが繁忙期なのか、それともオフシーズンなのか、またどれくらいの荷物があるのかにも左右されるのが普通です。
 
目安としては、同一県内の通常期で4〜5万程度、繁忙期だとそれより1〜2万高くなります。
ただし、3月後半の引越しが一番ピークな時期についてはかなり金額が高くなる場合もあるそうです。

すみれハウジング中山寺店では、引越し業者さんのご紹介も行っております。
引越し業者さんのお見積りでもう少し安くならないかな~という場合には、お気軽に当店スタッフまでお尋ねください!!
 
引っ越し代金のほかには、生活のために家電や家具を揃える費用が必要です。
 
カーテンや照明など必要不可欠なものから、冷蔵庫や洗濯機、ほか細々したキッチン用品やバス・トイレ用品など、生活必需品だけでも最低限総額15万ほどかかると見積もっておきましょう。
 
お部屋にもともと備わっているものがあればコストカットも可能ですし、ライフスタイルによっては逆にさらなる出費が必要なことも。
 
まずは最低限のものから生活をスタートさせ、必要なものを買い足していくとよいですね!
 

まとめ


一人暮らしを始めるのには、賃貸への初期費用をはじめ、引っ越し代や家電代などかなりの出費となります。
 
物件探しの段階から、お部屋にどんな備品が備わっているのか、また繁忙期以外で引っ越しができないかを考えると、初期費用を節約することが可能です。

引越し時にはなかなか家具家電を揃えるお金の余裕が無いという方には、家具家電レンタルもご紹介することが可能です。
学生さんで2年または4年しか住まないしなぁとお考えの方にも好評です。
 
ぜひ参考にしてくださいね。


有限会社すみれハウジング 中山寺店


宝塚市中筋5-19-2


TEL: 0797-82-0125

MAIL: info@sumire-housing.com


営業時間: 9:30~18:30

水曜日定休

賃貸物件のお部屋探しは当社HP スムピタで!


≪ 前へ|引越し時に忘れる前に早めにする手続きと後でOKな手続きとは?   記事一覧   大学生の一人暮らしは防犯対策が大事!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約