すみれハウジングTOP > (有)すみれハウジング 中山寺店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件での窓の寒さ対策3選

賃貸物件での窓の寒さ対策3選

≪ 前へ|360度画像で自宅でお部屋探し   記事一覧   賃貸物件のオール電化の特徴について解説!|次へ ≫
カテゴリ:お部屋探しコラム

賃貸物件での窓の寒さ対策3選

宝塚市もいよいよ冬気候になってきました。冬に、窓際が寒いと思った経験が皆様あるかと思います。
とくに賃貸物件では、二重窓やペアガラスになっておらず、寒さを感じる場合も多いようです。しかし、ペアガラスや二重窓の賃貸物件はまだまだ少ないのが現状です。
この記事では、壁など傷つけることなく、手軽にできる寒さ対策をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でもできる!段ボールを使った窓の寒さ対策

まず、段ボールを使った寒さ対策をご紹介します。
段ボールで断熱効果を期待できる理由は、表面と裏面の間に挟まれている波状の紙が空気層を作るからです。
設置方法は、段ボールを窓の下1/3から半分ほど隠れる長さにカットし、両端と下を窓枠にはめ込めるように直角に折り曲げ、セットするだけ。
これだけで、冷えた空気が室内へ入るのを防ぐことができます。
また、ダンボールを立てかけておくだけでも断熱効果が期待できます。
ただし、使用したダンボールはワンシーズンで処分するようにしてください。
湿気を含んだ段ボールは、カビやダニ、害虫の温床となる可能性があるからです。
とはいえ、ダンボールは無料でも手に入れることができ、とても手軽な寒さ対策なので、ぜひお試しください。

引っ越しの際に養生シートとして使われることの多い「プラダン」(プラスチックダンボール)も同じ効果を得ることが出来ます。両面テープで窓に貼る、カーテンレールから吊るす、立てかけるなどの設置方法があります。

賃貸物件でも貼れる窓用気泡緩衝材で寒さ対策

次に、気泡緩衝材を使った対策をご紹介します。
梱包する際に使用することが多い気泡緩衝材ですが、断熱用のものが存在することをご存じですか。
ホームセンターなどで購入できる窓用の気泡緩衝材を貼り付けることで、空気層を作り出し、比較的安価に寒さ対策をすることができます。
貼り付け方は簡単です。
適切なサイズに気泡緩衝材をカットし、貼るだけです。
ここで両面テープを使用してもよいのですが、両面テープが残ってしまう可能性があるので、心配な方は水で貼るタイプをお選びになると良いと思います。
見た目が気になる方は、フィルムを気泡緩衝材に貼って、見た目も明るくおしゃれにすることができますよ。
寒さ対策の他にも、結露防止や外から見えにくくするといった副次的な効果も期待できる方法です。

断熱カーテンで、賃貸物件の寒さ対策を

最後にご紹介するのは断熱カーテンです。
断熱カーテンは、ビニール素材の、断熱に特化したカーテンです。
温められた空気が冷たい窓に触れて冷やされ、下降気流となって床に流れることで発生する「コールドドラフト」をシャットアウトすることができます。
断熱カーテンを設置するためにはカーテンレールが必要です。
断熱カーテンに付属のフックをレースカーテンのランナーにつけることで簡単に設置ができます。
この時、床までカーテンを垂らしておくのがポイントで、とくに掃き出し効果を発揮します。
断熱カーテンは透明なので、日中は閉めたままにしておくこともできますが、付属のフックがカーテンを動かしたときに外れてしまうという方は、安全ピンやクリップで代替することもできます。

まとめ

この記事では、窓の3つの寒さ対策をご紹介しました。
賃貸物件にお住まいになる場合は、物件を傷つけず手軽にできる対策を選びたいですよね。
無料でも手に入る段ボール、比較的安価な窓用の気泡緩衝材、そして断熱性抜群の断熱カーテン。
お住まいの物件に合わせて最適な方法を検討してみてくださいね。
私たち有限会社すみれハウジングは、兵庫県宝塚市を中心に豊富な賃貸物件を幅広く扱っております。
賃貸物件をお探しの方は、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|360度画像で自宅でお部屋探し   記事一覧   賃貸物件のオール電化の特徴について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約